2014年11月28日

絹に柿とカリンを描く2 下書きを透き写し、下地作り


ブログ更新、また日が開いてしまいましたが日本画教室へは休むことなく、毎週行っています。

柿のスケッチの中に、カリンをどう配置しようかと悩んでいましたが、下の図のように
決めました。
この写真は、下図の上に絵絹を置いて上から筆と墨で透き写しを終わったところです。

絹に柿とカリンを描く 墨で透き写し後


後から気がつきましたが、筆の線はもっと細くした方がよかったと思いました。
太いとこの上から色を塗っていくので、黒い墨線が邪魔になってくるはずだからです。


柿の実、カリンの実、葉っぱに水干と胡粉を混ぜて塗っています。
墨でぼかしも。

柿とカリン 下塗り



柿とカリン 葉っぱの下塗り、墨ぼかし



その後、練っておいた胡粉を薄く溶いて画面全体に塗っていきます。
このときの胡粉の濃度をどうするかが問題。
先生のアドバイスでは指で触ってみたときに、指紋に残る白の液の具合で
牛乳くらいの感じ・・・という事でした。
私にとってはかなり薄く感じますが、この後この液を数回塗り重ねます。

刷毛を上からだんだんと下へ、左から右に横に、動かしますが、どうしても横縞ができてしまう。
うまい人は、これが出ないんだとか。
上から下に少しだけ重なるようにして塗って、真ん中の縞が消えるように
その上からまた刷毛を横に動かす。

乾いて縞ができてたら、後々色を塗り重ねていく過程でこれが邪魔になるので
消す作業をします。

刷毛に胡粉を含ませたらよくしごいてから使用。
縦に刷毛を動かし、縞を消すようにして更に筆を横になでるようにしてつまりは
重なった絵の具をのばすようにする・・・。

言葉で説明は難しいです。
一面に左から右へ塗って、縞をなぞって消して。
結局、胡粉を全体に5,6回塗ったところで縞も消え、一様に塗れたのでこれで
下塗りがほぼ完成。


絹に柿とカリンを描く  胡粉を5,6回塗った後


次回は、背景色を塗っていくつもりです。
posted by みどり at 16:17| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

絹に柿とカリンを描く1 絵絹を張る。



久しぶりに絵絹に絵を描くことにしましたが、絵絹の張り方や
処理の方法をすっかり忘れていました。

自分で自分のブログを見ながら絵絹を張りました。

念のため、張り方の手順を書き留めておこうと思います。

画材店で買ってきた絵絹はお店の方が丸めている。
通常、丸めている内側が表面。

2014年11月7日 絵絹を張る1



この絵絹を木枠に張るのだけれど、前回使用したときの絹の切れ端と
ノリが残っているので、これをきれいにします。
先生曰く、あまり神経質にきれいにしなくても大丈夫、と。
何度も使用した木枠はノリが吸い込まれているから、これがいいのだそうです。
新しい木枠はノリをどんどん吸い込んでしまうとか。

で、とりあえず私は木枠をきれいにしました。
木枠に絵絹を張る前に位置確認。


それから木枠の表面にノリをたっぷり目に塗る。

ノリは100円ショップで買ってきたチューブ入りのデンプンノリ。

上から張っていって、木枠と絵絹の間の空気を抜くようにして貼り付ける。
瓶を使ってゴシゴシこすって、貼り付けるかたもいるそうだ。

四方を張り終えたら、乾くまで待つ。

その間にドーサを作る。
ミョウバン数粒を砕いて、お湯に溶かし、膠をいれる。
この膠の濃さにいつも迷います。



木枠に絵絹を張り終えたら今度は絹の油抜き。
刷毛で絹の鏡面をなぞります。
50℃くらい(熱めのお風呂)のお湯を刷毛に含ませて絹の表面を左から
右へなぞる。
これを上から下に向かって順番に。
均一に絹の表面をなぞれと言うことで、こうすることで絹に含まれていた余分
な油分が抜けるのだそうです。
表と裏も。

これを終えたらしっかり乾かす。
本当は自然乾燥が一番なのですが、時間もないので今回は少し乾いてから遠目の冷風でドライヤーを使いました。


乾いたら次はドーサ引き。
これをしておかないと、絵の具を塗ってもにじんでしまう。

木枠に張った絹の裏側から刷毛を左から右へなぞる。
これを上から下に向かって順番に。
乾いたらまた同じ事を。三回繰り返す。
私は均一に塗りたいので、途中上下を入れ替えて塗りました。

今度は表側を同じようにドーサ引き。
こちらも3回。

ようやく完成しました。

2014年11月7日 絵絹を張る2


この日は、絵絹が乾くまでの間に、いただいたカリンの色と形がとてもよいのでスケッチをしてみました。
香りもよい。

カリンの実



2014年11月7日 カリンのスケッチ


絵絹には柿を描くつもりですが、このカリンも入れられないかなと考えています。

posted by みどり at 01:23| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

柿を描いています

グループ展に出品するスモモの花の絵を完成させたら、次は何を描こう?と迷いました。

庭で実っている柿の実がなんだかとてもきれいに感じるので
まずはスケッチしてみることにしました。


2014年10月17日 庭の柿 


正確には、ふと気がついたら庭の柿のみがいくつも落っこちてる!
もったいない!もいでしまおう!
もいだから教室の皆さんにもおわけしよう、ついでにこれも描いてみようか。
というところから始まりました。




鉛筆でスケッチし、水彩絵の具で彩色してみました。
描いているうちに、これを本画にしてみたくなりました。
久しぶりに絹に絵を描いてみたいです。
絹に描くなら、約2年ぶりになります。

写真の柿の絵は、彩色に先生がちょっと手を貸してくれたので、とても
立体感が出ています。

2014年10月17日 柿を描く水彩


自分一人ではなかなか、ここまでできないのが悔しい。

本画にする気がでてきたので、柿のスケッチをもう少しするつもりです。


posted by みどり at 10:56| Comment(0) | 柿を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

すももの花を描く9・完成


葉っぱに色を重ね、さらに背景の色として選んだ白翠末11番を塗り重ねていました。

白翠末はとても扱いが難しかったです。
絵の具の袋に入っているときは、まとまっているのできれいなかわいい色なのですが
透明感が強くて、数回塗っただけでは色が見えてこない。


塗って、乾かして、塗ってということを繰り返していました。

絵の具を塗り重ねていきたいのに、塗ったら下の絵の具がとれて

絵の具の塗り重ねができる部分と、できない部分ができていました。
塗り重ねができない部分は、ドーサがとれているので、
最初は、霧吹きを使ってドーサを全体に吹き付けました。

しばらくして、まだ絵の具の乗りが悪い部分には再びドーサをかけましたが
3回目以降は、霧吹きではなく筆をつかって部分的にぬりました。
もちろん筆を使うと言っても、同じ場所を何度も塗ってしまうと
絵の具がとれてしまうので、一回さっと塗るだけです。



背景の白翠末は、塗り重ね10回過ぎくらいに少し色が見えだし、
20回過ぎくらいに、だんだんはっきり色がでてきたような気がします。
最終的に、重ね塗りは3,40回くらいやったと思います。

グループ展の搬入日前日に完成。
落款を押しました。

スモモの花 完成。落款を押す


スモモの花 完成 2014年10月6日


スモモの花、完成。花のアップ
posted by みどり at 10:06| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

すももの花を描く8・しべを描き、額縁の相談を

すももの花 しべを描く アップ


先週の金曜日に、花のしべをすべて描きこみました。
急にえ、全体が華やかになりました。
このあとで、黄色の花粉を描くつもりです。

もちろん背景、葉っぱも更に塗り重ねています。

グループ展は10月7日なので、もう絵を感作させてから額縁を買うのでは
時間がまにあわなくなるかもしれないので、未完成の絵を持っていつも行く
まつよし画材店へ行ってきました。

お店の方と、どんな額にするか相談。
実物が置いてあるのもあるけど、ないものはカタログをみつつ。
これは、と思う物をきめましたがまつよしさんには、在庫がないため
さらにその先の店に問い合わせしましたが、そこでは在庫なし。
別の店にあるかも、とまだ問い合わせ中です。

搬入日までに描き上がるかどうか微妙ですが、最悪未完成もで
出す予定です。
もちろん極力、そうはならないようにしたいです。

今日もこれから、教室に行ってきます。
posted by みどり at 08:48| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

すももの花を描く7・しべを描き始める

shareimage20140912_153214.jpg


shareimage20140912_153934.jpg




10月7日から12日までグループをやります。

とうしょ、スモモの花の絵はとてもまにあわないな、と思っていたのですが、出せるように頑張ってみることにしました。

背景、葉っぱ、花弁、まだ色を重ねる予定です。

しべを描くために胡粉で線と点を描きました。
上から花粉の黄色を重ねる予定です。
posted by みどり at 15:48| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

すももの花を描く6・枝や花や葉に膨らみがほしい

すももの花 2014年9月5日


相変わらすバックは白翠末を塗ってます。

先生のアドバイスで、枝にやや黄土色の路考茶(ろこうちゃ)をさす。
枝に膨らみが出た気がします。

初めて使った色 路考茶


「路考茶」という色名がおもしろい。
昔の歌舞伎役者にちなんだ物らしい・・・けど詳細はわかりません。
こんど調べてみよう。
日本語の色名は、味わいのある物が多くて楽しい。

葉っぱは以前と同じく若葉緑青に岩白を混ぜたものを塗り重ね。

紫雲末の絵の具で花弁の陰影を。
posted by みどり at 17:29| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

すももの花を描く5・ひたすら背景を塗る


2014年8月22日のスモモの花の絵


背景に黄土を塗っていますが、これはもちろん先生のアドバイスで。
ここに絵の具を重ねています。

背景は曇り空、をイメージしているのですが、選んだ絵の具が淡い色合いの物ばかり。
白鼠や白翠末、など。
淡い、かわいい色なのですが、もともと透明な石が原料になった岩絵の具なので
何度も重ねていかないと、色として見えてこないんだとか。

しかも比重が軽いので、筆で画面をなでても絵の具が降りてくるのが遅いので
画面がムラになりやすい。

対処法は、薄く、何度も塗り重ねていくしかないのだそうで、ひたすら塗っています。
最初は、塗るたびに下にぬった絵の具が動いてしまうので、困りました。

先生のアドバイスは、何度も同じ箇所を塗らないこと。
一度でやめる、乾いたら塗る。これを繰り返す。

塗っていて、場所によって絵の具のつくところと、つかないところができていました。
これも先生のアドバイスで、背景全体にドーサを塗りました。
ミョウバンと膠を混ぜた物。
(どういう配合で混ぜたか、後ほど書き足します)

乾いてから絵の具を塗ったら、感触が全然違う!
下の絵の具が動かない、新しく塗った絵の具もしっかり乗ってくれる。
これにはびっくり、うれしい。

背景は、もう15,6回は塗っています。
ようやく色が見えてきた気がします。

もうこうなったら覚悟を決めて3,40回塗っていこうかと思います。


今回は、花のキワにも色を入れています。
うすい白鼠だったかな。
花の重なっているところ、花びらの重なっているとこに色をさして
かすかに前後関係を作っています。

posted by みどり at 22:07| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

すももの花を描く4・バックをつくる

shareimage20140725_130715.jpg

今日、午前中日本画教室でやってきたことを。
岩絵の具の白鼠の11番を薄く塗る。
近くで見るとかなりムラになってて先生は「いいね」というけど私は気になる。

何度も塗り重ねていくことでムラがなくなっていくのだそうだ。

さらに花の回りと下の枝の左側先に桜色と岩白を半量づつまぜたものを塗る。
画面がほんのりとピンク色に暖かな感じに。

気がついたら画面左下になにか1点ポツンとシミが出来てた。
先生いわく、にかわを垂らしたのでは?と。
刷毛で水を塗って、にかわ成分が抜けないかと何度かやってみる。
この部分だけ色が透けて見えるんです。

ひび割れの原因にもなるから、気になるけど先生はベタつかないから大丈夫だろうとのことでした。
posted by みどり at 13:40| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

すももの花を描く3・下地づくりそして

ブログ更新が、滞っていましたが絵は少しずつ描いています。

いままで自分が書いている花はスモモの一種「ソルダム」だと思っていたのですが
そうではなく「大石早生」という品種だとわかりました。
ソルダムは果肉が赤いスモモ。
大石早生(おおいしわせ)は赤い皮で、果肉は薄い黄色です。


前回ブログを書いてから以降のことをまとめてご紹介します。


パネルに和紙を貼り絵終えて気がついたのは、紙の一カ所に小さなゴミがあったこと。
紙の繊維の間に小さな粒があって、おそらく紙が漉かれたときに漉き込まれてしまった物と思われます。
気になるけれど、取ろうとすると紙に小さな穴が開いてしまいそうなので
そのままにすることにしました。
絵の具を塗り重ねていけば、目立たないかもしれないし。


画用紙に描いた原寸大下図をトレーシングペーパーに写し取る。
写し取ったところで、パネルに張った和紙よりも下図が大きかったことに気がついた
ので、下の枝を少し縮めました。

トレーシングペーパーでうつす



この後は、いつもなら念紙を使うのですが当日教室へ持って行くのを忘れたので
初めてカーボン紙を使うことにしました。
和紙と下図を写し取ったトレーシングペーパーの間にカーボン紙(紺色)をはさみました。

下図が和紙に写し取れました。
今まで念紙を使っていたのに比べると、正直言って楽でした。


最初に塗ったのは水干の黄土色に、胡粉を混ぜた物。
これで全体を塗る。
これが背景=空、の下地になります。
最終的なイメージは薄曇りの空、です。

次は、先生に言われて花を胡粉で描きおこすことにしました。
胡粉でスモモの花びらを塗りました。

スモモの花 下地


アップにしたところ。

スモモの花 下地



その後、黄緑系の水干と胡粉を混ぜた物で葉を塗りました。
葉の全部を塗るのではなく、葉の表だけ。
そして気になる強調したい部分を。

その後、岩絵の具の岩白(手持ちの11番と中11番)と方解末、もちろん膠(にかわ)を混ぜた
物を全体に塗りました。もちろん花の上も。
ムラにならないように「バツ」を書くように塗っていきました。
乾いては塗って、の繰り返しを5回。

スモモの花 岩白をかける



ここまでが下地作り。

いよいよここから本格的に岩絵の具を使っていきます。
先生のアドバイスで、まずはある程度花の背景を作ってから花を描くのがよい、
とのことで背景を作っていくことにしました。

イメージあるのは、薄曇りの空のような背景。

岩絵の具の「紫雲」の11番が二袋あったので、これを混ぜてみました。
同じ「紫雲」の11番、なのに元になっている石の状態が違うらしく、
微妙に色合いが違います。

さらにこれに膠をまぜて塗る。
花と葉っぱの境目の約1センチくらいから筆で色をおいて、外側へ伸ばす。
これを繰り返し。

三回ぬったけど、どうもムラができます。
先生曰く、「紫雲」は岩絵の具の粒子の比重が軽いので、筆から落ちていく
速度がゆっくりなので、絵肌の上でムラができやすいのだとか。
「群青」なんどは比重が重いから、ムラになりにくい、らしい。

スモモの花 バックに「紫雲」を塗る


でも「紫雲」は透明感があってきれいです。

今はこの「紫雲」を三回塗ったところ。
さらに重ねて行く予定です。



posted by みどり at 00:07| Comment(0) | すももの花を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする