2010年06月01日

「豊洲夕景」その9・完成

toyosu10.jpg


午後、画材店へ行って、お願いしておいた額の確認をしてきました。
額と保護のアクリル板で16800円。
出品料2000円。
搬入は画材店にお願いしたので手数料1000円。

しかし、搬入先とこの画材店は目と鼻の先なのですよ。
で、1000円か(^_^;

6月12日が搬入日です。

お店で写真を撮らせてもらいました。
撮った写真を見ると下の去年の画像をほとんど変わらないようにみえますね。
かなり手は入っているのですが(^_^;
表面のアクリル板にお店の照明とかが、写り混んでいますがご容赦を。

落款は画面左下、イスの足元に押してます。



<2010-06-02追記>
岩絵の具を塗っているときに、画面の部分によって絵の具がにじんで困ることがありました。

ミョウバンを10倍くらいに薄めてその部分に塗ると、にじみが押さえられると教わりました。
乾いてから岩絵の具を塗ればOK(^^)V

posted by みどり at 23:58| Comment(2) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「豊洲夕景」その8

なんとブログ更新が11ヶ月ぶりになってしまいました。
けしてほったらかしにしていたわけではありません。

仕事に就いたり、辞めたり、就職活動したり、と身辺状況はガタガタ。

絵の方はそれでも細々と手は入れてました。
2週に一度の日本画教室だけは、欠かさずいってましたから。

途中経過が抜けてしまいましたが、ようやく
「豊洲夕景」完成しました。

今日、教室に行って先生に見ていただいて落款をおして完成としました。

教室を終えてからその足で、画材店へ。
6月に市展(松戸市美術展覧会)があるので、気持の区切りとして出品します。
額を用意せねば。
額と言っても出品規定があるので、簡単なアルミのフレーム枠に画面保護の
アクリル版を付ける簡単な物にします。

6月12日の午後1時から4時までが搬入。
でもどうしてもその日時は都合が悪い(用事があるので)。
画材屋さんに聞いたら、というかお願いしたら搬入は頼めることになりました。

今日は、絵はお店に預け、6月になったら確認のためいったんお店に見に行くことになりました。

うっかして完成した絵の写真を撮り損ねたので、写真は6月になってから
このブログに載せます。

市展の会期は6月15日〜6月27日まで。
会場は松戸市文化ホール。
出品すれば展示してくれる展覧会です(^^ゞ

posted by みどり at 23:38| Comment(9) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

「豊洲夕景」その7

「豊洲夕景」2009年6月21日


現在の「豊洲夕景」です。
まだ夕景になっていません。
気持ち的には完成のまだ四分の一にやっと来た感じです。

画面に左右に描いていた物を、一部塗りつぶして消しています。
その分、画面の世界が横に広がった気がします。

冗談ではなく、完成まで一年がかりになってしまいそうです。
posted by みどり at 12:14| Comment(3) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

「豊洲夕景」その6

「豊洲夕景」2009年3月14日


3月14日(土)に教室に行っています。
やっと橋がおもったような色彩になってきた・・・ような気がします。
先生から「どうしたい(どうかきたい)のか、やっと分かってきた」と
いわれたのですが、実は私もなんですf(^ー^;
posted by みどり at 11:56| Comment(0) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

「豊洲夕景」その5

2月14日(土)に日本画教室に行っています。
今まで色を塗るのは水干を使っていましたが、ようやく色の構成を
どうするかの方針が決まってきたので、初めて岩絵の具を使い出しました。
教室に行くといつも先生から、「まずどこに目がいくようにしたい?」とか、
「どこを強調したい?」とか質問されるのですがそれに答えることで、私も頭の
中が整理されていくようです。
この先生の指導の仕方はうまいと思います(^^)

岩絵の具を使うと、平板だった絵に突然深みが出てきた感じがします。
写真撮影しても、そこまではまだ分からないと思うので今は載せませんが
もう少し進んだら載せることにしますね。
posted by みどり at 06:22| Comment(2) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

「豊洲夕景」その4

「豊洲夕景」2009年1月27日の時点


なかなか進んでいませんが、こまこんな風になっています。
中央を横切る橋の色をかなり変えました。
自分の頭の中にあるイメージに近くなって来ました。

でもまだ水干です。
ようやく色のイメージがまとまりつつあるのでそろそろ岩絵の具を使おうと思います。

絵は毎日は描いていませんが、今は部屋にこの製作途中の絵を置いて毎日観るようにしています。
描けないなら、描けなくてもこうやって毎日観ることはいいことみたいです。
なんだか頭の中でイメージががまとまってくる感じがします。

でも今の状態はまだ完成に向けて四分の一までやっと来たような感じです。

3月中に描き上げるのが目標ですが、どうなるでしょうか。
posted by みどり at 10:47| Comment(0) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

「豊洲夕景」その3


ブログ更新が約2ヶ月ぶりになってしまいました。
カウンターは正直な物で、このところ私以外は誰もここを訪れてくれないとは
さびしいもんです。

日々の生活に流れそうになりますが、描き出した絵はたとえ一年がかりに
なろうとも完成させます。
毎日描いてるわけではないし、私の良くも悪くもこれが私のスタイルになってしまいました。

さて「豊洲夕景」ほんの少しずつですが、進めています。
前回製作の様子をご紹介してからなんと四ヶ月近くたってしまいました。
その間なにもしてなかったわけじゃありません。
とてもお見せできるような進歩がなかったので、アップできませんでした。
今日、日本画教室へ行って今日の時点でこの程度描けています。

「豊洲夕景」2008年12月13日の段階


まだ水干です。
このところ、色のイメージがつかめなくて、どういう色をどう塗っていったらいいか分からなくなっていました。
今日、先生が自ら空に紫の雲の色を入れてくれたのですが、ようやくとっかかりができた気がします。
よし進めらる!と感じてさらに色を重ねだしてます。
岩の具を使うのはもう少し後で。
posted by みどり at 14:20| Comment(6) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

「豊洲夕景」その2


いろいろ事情があり、今なら描く時間がとれるので私にしては珍しく速いスピードで
描いています。
9月にはグループ展があるのでこれも出品したいと思っています

こちらが紙に鉛筆と水彩絵の具で描いた実物大の下絵。

「豊洲夕景」下図



パネルに貼った和紙に、写し取ってから硯ですった墨で線を描いて、ぼかしも入れて
濃淡の調子も入れます。(墨をするときの墨の香りが好きです)
これから色を塗っていくので、これが今後のガイドラインになります。

「豊洲夕景」 墨がき



いきなり岩絵の具が塗れない(塗ってもつかない)ので、しばらくは下地作りになります。
墨で描いた部分は通常乾いた後なら、上から色を塗ってもとれない、にじまない
のですが、今回は不思議と墨が一部解けてしまいました。
どうやら墨描きする時にいっぺんに描けず、翌日になって作り置きの墨を水で薄めて
描いたのですが、これがいけなかったようです。
作り置きの墨はダメみたいです。

一番最初は、白い「胡粉」をぬります。
ぬっても下の墨線は透けて見えています。
さらに「水干」で下地作りのため色を塗っていきます。


「豊洲夕景」 下塗りのはじめ


もちろんこの時点でできあがりをイメージして、色を選び、濃淡の調子も入れていきます。
8月23日(土)でここまで出来ました。
まだ先が長いわ・・・・。
posted by みどり at 10:35| Comment(0) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「豊洲夕景」その1 最初の一歩

豊洲夕景 パネルに水張り



7月26日(土)の午前中は日本画教室の日。
「班猫」の模写はまだ完成しません。
絹に描いているので、展示のためには表装しないとならないから8月上旬には
仕上げないと。
絹の裏側に展示出来るような強度をつけるのですが、自分では出来ないので
業者さんに頼んでやってもらいます。

次回作の為のパネルと和紙の用意が出来たので、この日はパネルに和紙を水張り。
和紙の裏表の見分けが付かなくなってる自分に焦りました。

つるっとした方が表。
裏側に水を含ませた刷毛で縦横斜めに、刷毛を動かして紙に均等に水が含まれるようにします。
紙が水をすって伸びたところで、パネルに紙を置いて四辺を水張りテープではって留める。
これが「水張り」
乾くと紙の表面がピンと伸びます。
この後で絵の具で描いていっても、紙の表面がぼこぼこにならないですみます。

水張りしたのは久し振り。きれいに貼れました。
ぱりっとした紙の表面の気持いいこと!

豊洲運河の風景を描きます。
次回作の為の水彩スケッチ(実物大の下図)がまだ完全にはできあがってない
のですが先生とのお話で、水面には銀箔を貼ろうということに決めました。
屏風みたいにきっちり貼るのではなく、散らすような感じで。
ちらつく海面の様子が表現できればいいなと思います。
なんだか楽しくなってきました。

この日は午後、好きなアーティストさんの展覧会へ向かいました。
posted by みどり at 09:19| Comment(0) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする