2017年05月26日

橘寺と芙蓉を描く その19 葉っぱの形を修正

1495779865618.jpg


先週とほとんど変わらないけど、葉っぱの色は一段階濃くなっています。


そして気になる葉っぱの形を何ヵ所か修正してます。

彩色は明るい色から、少しずつ何回も塗り重ねていきます。

今日はここまで。
posted by みどり at 15:25| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

橘寺と芙蓉を描く その18 下地作り完了。

1495184228011.jpg
前回で色ぼかしは、ほぼ終えたつもりなので、全体に胡粉を塗ることにしました。

膠で練った胡粉を水でうすーく溶いたものを刷毛で均一にぬる。これを5、6回。

その後、薄く溶いた胡粉に、方解末の白(びゃく)を混ぜたものをまた6、7回塗りました。

白(びゃく)は色のことではなく、一番粒子が細かいタイプの品物のことです。
まあほとんど色も白(しろ)です。


画面表面が、さわるとつるりとした感触になってきました。

岩絵の具も乗りやすくなってきたと思います。


胡粉を何度も塗ったので下図が見えずらくなってきました。
場合によってはトレーシングペーパーで下図をまた、撮しますが、今回はこのまま進めていきます。

ようやくキミドリ系の岩絵の具で、葉っぱを塗ってみました。
ようやく、本格的な彩色にはいれます。

今日はここまで。
posted by みどり at 18:04| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橘寺と芙蓉を描く その17 色ボカシのつづき

1493362397639.jpg
前回に引き続き、まだ下地作りの段階です。

水干と、にかわで練った胡粉を混ぜたもので、彩色してます。

わりと大雑把に塗ってます。
このあとで、白の胡粉を使って上から塗ってしまうので、今は色の計画段階のようなものです。

下図の線がきでは、いいと思っても色をぬってみるとちょっと変、というのはよくあって。

芙蓉の花と葉っぱ、後ろのお寺は薄く青い色を塗ってます。

この段階でも、なんだかいい感じがするので良いみたい。
先生からもOKもらえました。

先生から、手が早くなったねと、言われました。
筆での色の塗りかたが早くなった、と言うことで自分でもそう感じます。

まだまだ下塗りの段階、ここはさっさと早くやっていいところですから。
まだいくらでも修正がききます。


まあ、そういうことも今ごろやっと分かってきた、と言うことです。
posted by みどり at 17:58| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

橘寺と芙蓉を描く その16 色ボカシさらに



下塗り段階の色ボカシを、さらに進めています。
使用してるのは水干、黒いのは墨を硯ですったものを使用しています。

水干を塗るときは膠を入れてますし、墨にも膠が含まれています。

いきなり岩絵の具をぬっても、紙に定着しないのでそのための下地づくりです。
それと色の配分というか、いろの計画をここでやっているような感じです。

どうも私は、細かい部分に気を取られるので、ある程度ぬったら、
花なら花を一度薄い色で全体を塗ると、統一感がでるようです。
勿論、そんなことは先生に言われて、そうだったか!と気がついて
修正して行ってます。

写真では分かりませんが、左上、空の部分にも薄く墨を塗っています。

だいたいいい感じに、なったみたい。


fuyou10.jpg



次回、全体を薄く溶いた胡粉で10数回ぬって、下地作りの完成とするつもりです。

posted by みどり at 07:40| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

橘寺と芙蓉を描く その15 色ボカシのつづき

1493362397639.jpg
前回に引き続き、まだ下地作りの段階です。

水干と、にかわで練った胡粉を混ぜたもので、彩色してます。

わりと大雑把に塗ってます。
このあとで、白の胡粉を使って上から塗ってしまうので、今は色の計画段階のようなものです。

下図の線がきでは、いいと思っても色をぬってみるとちょっと変、というのはよくあって。

芙蓉の花と葉っぱ、後ろのお寺は薄く青い色を塗ってます。

この段階でも、なんだかいい感じがするので良いみたい。
先生からもOKもらえました。

先生から、手が早くなったねと、言われました。
筆での色の塗りかたが早くなった、と言うことで自分でもそう感じます。

まだまだ下塗りの段階、ここはさっさと早くやっていいところですから。
まだいくらでも修正がききます。


まあ、そういうことも今ごろやっと分かってきた、と言うことです。
posted by みどり at 16:03| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

橘寺と芙蓉を描く その14 墨ボカシと色ボカシ



和紙に転写した下図に、彩色を始める、前段階の墨ボカシを前回少ししましたが、今日はさらにそれを進めました。


fuyou09.jpg


墨だけでは黒一色のグラデーションで、これだけでも良いのですがちょっと見辛い。

水干にねった胡粉を混ぜて、花と葉っぱに表情をつけました。


fuyou08.jpg

今日はここまで。
次回さらに進めます。
posted by みどり at 23:53| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

橘寺と芙蓉を描く その13 下図を写し、墨ぼかし

間が開いてしまいましたが、日本画教室には行っています。

トレーシングペーパーに写し取った下図を、三つのパーツに
切り分けて、再度構成を直しました。
ようやく気が済んだのが、下の写真です。

KIMG3132.jpg



パネルに貼った和紙と、トレーシングペーパーの間にカーボン紙を挟んで
下図を転写。

KIMG3133.jpg


すべて、転写紙終わったので、今日は硯で墨をすりました。
これからようやく彩色に入りますが、その最初の段階、墨で陰影を付けました。
写真は、ぼかし具合が分かるようにコントラストを強くしてあります。

fuyou07.jpg


久しぶりに筆を使ったので、とても新鮮な気分でした。

posted by みどり at 15:51| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

橘寺と芙蓉を描く その12 和紙をパネルに貼る

別に別に描いていた、寺と芙蓉の花の下図。

ようやくそれぞれ、トレーシングペーパーで写しとりました。
下の写真は、二枚を重ねたところです。

fuyou05.jpg


パネルに和紙(雲肌麻紙 くもはだまし)を水貼りしました。
紙の用意ができると、いよいよ描きはじめられるので、ワクワクしてきます。

DSC01214.JPG


fuyou04.jpg


建物と、花の位置を少し修整するつもり。
下の写真では既に、トレーシングペーパーを切って花の位置を直しています。

fuyou06.jpg


今日はここまで。
posted by みどり at 15:11| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

橘寺と芙蓉を描く その11 トレーシングペーパーで写す


下図がほぼ完成したので、ようやくトレーシングペーパーで写す事にしました。
この後で、パネルに張った和紙の上に置いて、間にカーボン紙を挟んで下図を転写します。

トレーシングペーパーで、下図を写しとるのは鉛筆で。
線をなぞっていくけど、最初に描いた質感も写しとりたい。

写し取ってるときに、下図の気になった部分も描き直ししました。
花を写しとるだけで4時間近くかかってしまった。

fuyou01.jpg


最初に描いた寺の建物の下図の上に置いてみました。

fuyou02.jpg


fuyou03.jpg





寺の下図も、もちろんこれからトレーシングペーパーで写します。

最終的にこの2つを合体させます。
やっとここまで来た(^_^;

今日はここまで。
posted by みどり at 23:05| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

橘寺と芙蓉を描く その10 下図・葉が完成間近

1489124795560.jpg
一番左側の葉っぱの大きさをどうするか悩んでました。

当初描いたのは周囲の花に比べて小さすぎる。
描いては消して少し大きく描く、まだ気になるので更に大きく描く。

これを繰り返すこと数回。
いっぺんにできないのが悲しい。

ようやく、これならと思える大きさになってきました。

周囲の蕾の大きさも調整する。

ようやく納得できる大きさ、形になってきました。
参考にしてる写真とはかなり見えかたが違っていますが、絵に描く場合はこの方が自然に見えるはずです。
写真は葉っぱの遠近感が、かなり極端に写っていますので。



次回はいよいよ、先に描いた寺の建物の下図と、花の下図を合体させましょう。

来週はパネルにやっと和紙を水張りすることにします。
posted by みどり at 14:51| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

橘寺と芙蓉を描く その9 下図・芙蓉の葉を描く

1488546897073.jpg
芙蓉の花、3つは前回までで完成した、と感じているので今日は葉を描いて完成を目指しました。


既に何度も書いてますが、写真は参考にしてるけど、あくまでも参考。
写真に写ってるままに描くと、花と葉のバランスがおかしい。


自分で分かってなかったけど、私が使ってるデジカメのレンズが広角レンズなので、遠近感が強調されて写ってしまうのだそうです。

それを修正しながら描いていきます。


今日は、葉っぱを描いては、先生にダメだしされて何回も描き直し。
「それダメ」とは言わないけど「それだと小さすぎるね」「葉の向きを変えたら」とか。

何枚かとった写真のはっぱの中から、目的に合いそうな葉を探しだして描いてます。


つまり、描きたい風景があるけどその風景をそのまま描くのではなく、それぞれのパーツはあちこちからいいとこ取りをして、寄せ集めてるわけですね。


自分でも今回こんなに寄せ集めになるとは思いませんでした。
花と葉は、ほぼ全てよせあつめと言っても過言でない。

画面のほぼ中央の一枝に手こずりました。
一度描いたけど、大きめに描き直し。
形も当初より、変えてます。

あと少し。
下図の段階で納得するまで、妥協したくない。
手間かかるのはもちろん嫌ですが、良いものを描きたい。

今日はパネルに和紙を水張りしたかったのですが、やってる時間がありませんでした。
posted by みどり at 22:16| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

橘寺と芙蓉を描く その8 下図・芙蓉まだ描く


今日は芙蓉の葉っぱを描くつもりでしたが、先週描いた花を見たとたん、直したくなりました。

気になったのは上から2番目の花。
別紙に改めて描いてみました。
比べて見るとやはり、描き直した方が、良い。

写真の左が先週の、右側が今日描き直した花です。
やや窮屈な感じだったのが、フワッと花弁が開いた感じになった気がします。

img20170224_142942.jpg




大輪の花は3つ描く予定。

週今週で描き直したのは、写真の1番上、上から2番目。
この2つ。
描き直した花を切り抜いたのを上にのせてみました。
これ(描き直したほう)で行きます。

img20170224_143056.jpg


花かしっかりしてきたので、後ろにどんな建物が来ても大丈夫、と、先生から言ってもらえました。

次回は葉っぱと、蕾をもう少ししっかり描きます。
posted by みどり at 23:11| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

橘寺と芙蓉を描く その7 下図・芙蓉の花と葉

芙蓉の花を三つ描くことにしましたが、三つ目で少々手こずってました。
最初描いたのは、形がどうも気に入らない。
花びらがどうついて、繋がっているのかがよく分からなかったせいもあります。
参考にした写真が、やや不鮮明だったこともありますが。


別の花の写真を参考にして、別紙にもう一つ花を書いてみました。
丸い形のこの方がいいと思えるので、切り抜いて上に貼ることにしました。

写真の左側が改めて描いて、採用することにした方です。
KIMG2494.JPG

三つの中では一番よく描けた気がします。
そうなると、先に描いた二つを手直ししたくなる。
結局直すことにしました。

下が手直し後の花。
KIMG2499.JPG

花はこれでいいと思えるので、ようやく葉に手を付け始めました。
花は撮影した写真を完全に写していましたが、葉っぱは写真のとおりに描くと
どうも花や周囲と比率が合わないのです。
写真を見る限りは、おかしくないのですが絵に描いたら絶対おかしい。

左側の葉っぱは、写真より大きくすることにしました。
そうなると枝数を減らす必要もある。

一枚の絵に仕上げるために、写真のとおりではなくあちこちを修正していきます。
左側はあたりを付けたところで、今日は終了。

posted by みどり at 20:14| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

橘寺と芙蓉を描く その6 下図・芙蓉をさらに描く

1486814610242.jpg1486814622021.jpg

大きな芙蓉の花を3個描くつもりで、3個目の花を描いてました。

手前の二つはだいたいこれで良し、少し後ろに一つ。

これがなかなか思うように描けない。
ひとつ描いてみましたが、別紙に同じくらいの大きさでもうひとつ描いてみました。

二枚目の写真がそれ。
二つある花のうち、最初に描いたのが上。
後から別紙に描いたのが下。

たぶん丸く優しい感じの、下の方を採用します。

昨日はここまで。
来週は葉も描いて、下図を完成させたいです。
posted by みどり at 21:11| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

橘寺と芙蓉を描く その5 下図・芙蓉を描き始める

1486123157635.jpg
去年旅した、奈良県明日香村の橘寺の思い出を描いています。

まだ下絵の段階。
建物と芙蓉の花の下図を別々に描いて、最終的に重ねます。

ようやく芙蓉の花を描き出してます。
自分で撮った写真を参考にしてますが、写真のとおりに描くとどうしても変なのです。
人間の目から見たのに比べ、カメラの目でみたのは前後の物体の大きさ比が極端だし、歪みもある。
これを修正していくつもりで描いてます。
もちろん、先生のアドバイスあってのことで、そうでなかったら写真のとおりに描いてるとこでした。

一番主役になる芙蓉の花を描くのに、四苦八苦。
最初描いたのは大きすぎて、消して描き直して、で、一輪描くだけで約2時間かかりました。

花は当初4輪描くつもりでしたが、全体のバランスを考えると3輪が良いみたい。

バラバラに撮った写真を元に、紙の上で再構成していきます。


左端の葉を軽く描いてみましたが、これは小さすぎました。
もう少し大きくかかないと。


今日はここまで。
posted by みどり at 21:24| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

橘寺と芙蓉を描く その4 下図 建物と芙蓉は別々に

img20170127_164406.jpgimg20170127_164058.jpg
下図を描いてます。

描くのは日本画教室へ着たときだけなので、自分でももどかしいくらいなかなか先に進みません。

先週に引き続いて、建物を描いてましたが、自分でとった写真やネット上で公開されてる写真を見ながら描いていても、どうも寺の立体的な姿がよくわからないでいました。

それが今日はようやく頭の中に、立体的な形が浮かんで来ました。
芙蓉の葉の間の、僅かに見えるものから、寺の形が見えて来ました。

これは「やった!やっと見えた!」と思いました。
見えれば描くのも楽になるはず。

建物はもう、だいたい言いように思えてきたので芙蓉の葉と花に取りかかることにしました。

建物の絵の上から描いたらゴチャゴチャになるに決まってるので、紙を分けて描くことにしました。

最後にトレーシングペーパーで写してから、建物と芙蓉を重ねて和紙へ転写するつもりです。

建物を背景に撮った写真の芙蓉の花は大きすぎる(これがカメラの嘘)ので、少し小さく描くつもり。
花もあと3、4個は増やします。

先生のアドバイスで花の向きも修正。

あまり進まなかったけど、今日はこのまで。
posted by みどり at 03:06| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

橘寺と芙蓉を描く その3 下図作りその2

1484900435113.jpg

先週、描いた下図を破棄して一からやり直し。


自分で撮った写真を参考にしてます。
写真を拡大コピーしてガイドラインの升目を描く。

下図用の紙にも大きめの升目を描く。
比率を拡大して描くわけです。

先週からやってますが、下図の方の縦横比率がおかしい、間違ってると気がつきました。

正しく計算してやり直し。

草花を描くならこんなことしませんが、建物は数学的にきっちりやろうと思います。
歪みは直ぐ目立ちますから。
描いていても、設計図をかいてるような気分。


今回描くのはメインは芙蓉。
彩色段階で、建物はぼかしぎみに描くつもりです。

使ってる鉛筆はHB、B、2B、4B。
消ゴムはカスのでない、紙をあまり痛めない練り消ゴム。

約3時間かかって、ようやく建物らしくなってきました。

今日はここまで。
posted by みどり at 17:50| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

橘寺と芙蓉を描く その2 下図作り

1484287916197.jpg
本格的に下図作りに入りました。

一番良いのは実物をスケッチする事。
そうすると形が頭のなかに良く入る。

だけど旅先でゆっくりスケッチしてる時間なんてないわよ。
てわけでどうしても写真に頼らざるを得ない。

今回も自分で撮ってきた写真を参考にしてます。

建物を描きだしてみましたが難しい。いきなりでは取っ掛かりも見つからない。

ダメだこりゃ。
使える手段は何でも使おう、と、写真を拡大カラーコピーとり、目安になる線をいれて参考にする事にしました。

今日は2時間かかってやっとこの程度。
posted by みどり at 15:13| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

橘寺と芙蓉を描く

img20170106_161815.jpgimg20170106_162056.jpgimg20170106_214812.jpg
明けましておめでとうございます。


今日は、新年最初の日本画教室へ行ってきました。

今回から本格的に新しい絵に取り組みます。

去年の9月に、奈良県明日香村を旅して橘寺によりました。
芙蓉の花が美しく咲き、木々の緑も美しい。

ここを描きたい、とずっと思っていましたがようやく取り掛かることができました。

今回はP20号( 727×530) で描きたい。
そして描きたい構図が二つあるのです。

どっちも魅力的。
先ずは先生の薦めで、二つ簡単に描いてみました。
大きさはハガキ大位です。


芙蓉の花も描いてみました。

二つとも描きたい風景ですが、先ずは、一つに決めます。
冒頭に載せた画像を本画にします。
二つ同時進行も、別々に描くより早いよ、と先生はおっしゃるんですがね。
先ずはこちらの下絵を描いてからね。
posted by みどり at 21:52| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする