2018年07月02日

伊吹島の猫 その7 裏打ち&完成



ブログ更新をしそびれてしまいましたが、毎週、日本画教室へは行ってたので
少しずつ、岩絵の具を塗り重ね、完成しました。


猫の毛並みは筆を刷毛のように使い、何度も塗り重ねました。
我ながらしつこく、何度も何度も。
それでも嫌にはならないので、やはり好きなのでしょうね。


ほぼ最後の仕上げに胡粉で、猫のひげと、体の毛並みを描きたしました。

背景に、早い段階で胡粉で白い「よごし」みたいなものをいれたのですが、
描いてくうちにこれがだんだんとうるさく感じてきたので、上に淡いグレーを重ねて
少し派手さをつぶしていくようにしました。

最終的には、猫の周囲の下側にややブルーを、上には明るめの茶色を重ねた気がします。
自分の絵なのに気がします、なんて変ですが描いてから時間がたち、
忘れてしまいました。

下の画像は、5月のほぼ完成したころのものです。

KIMG0005.jpg


木枠に貼った絹に描いたので、この後は木枠から外し、裏に和紙を張り付けてもらう
「裏打ち」の工程がありますが、自分ではできないので先生経由でプロの表具師の
方にお願いしました。

裏打ちが終わった段階が下記の画像です。

DSC07633.jpg



絵の裏がわに白い和紙が貼られたので、色合いもはっきりメリハリがでたように見えます。

そして額装。

DSC07652.JPG



ようやく完成しました!
もちろんタイトルは「伊吹島の猫」です。

作品は、2018年度の松戸市美術展覧会に出品いたしました。
(会期は終了しました)

ご高覧いただきまして、まことにありがとうございました。
posted by みどり at 19:44| Comment(0) | 伊吹島の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。