2018年01月20日

伊吹島の猫 その1

「橘寺と芙蓉」を完成させたので、次は何お描こうかとしばし悩みました。

こういう時は、とりあえず花をスケッチしてみたり。
これはバラの花。
DSC04563 (2).JPG


ふと猫を描きたくなりました。
とは言っても猫は買ってないので、あちこち出かけたときに
撮った写真で猫がいないかと探してみました。

撮った写真はパソコン内と、Googleフォトにアップロード
してるのですが。Googleフォトは「猫」というワードで検索しても
猫の写真を探り出してくれるという、便利な機能があるとわかったので。

猫は飼ったことありませんが大好き。
写真も撮っているだろうと思ったけど、意外となかった。
でも出てきたのは、2016年の瀬戸内国際芸術祭で行った伊吹島の猫達。

写真は、その時行った伊吹島の港です。
四国側の観音寺港から船に乗って移動しました。

DSC09721[2].JPG


猫はいっぱいいて、どの猫も人なつっこい。
とりわけ可愛かったのがこの子。

DSC09655[1].JPG



こちらはおすまし顔。
DSC09657[2].JPG


伊吹島バーガーのお店にいましてね。
飼い猫ではなく、のらちゃん。
DSC09647[1].JPG


これが魚の具材の伊吹バーガー。
DSC09656[2].JPG



さてさて、
鉛筆と色鉛筆で描いてみました。

DSC05045.jpg


これを下図として、本画にいていこうと思います。
描くとしたらF10号。
絹に描きたいと思っています。

と、なると絹を貼る木枠を持ってないから、買わねばならないのですが
既製品でこの大きさがあるのかどうかが不明。
来週、画材店で聞いてみよう。



posted by みどり at 21:28| Comment(0) | 伊吹島の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。