2017年02月17日

橘寺と芙蓉を描く その7 下図・芙蓉の花と葉

芙蓉の花を三つ描くことにしましたが、三つ目で少々手こずってました。
最初描いたのは、形がどうも気に入らない。
花びらがどうついて、繋がっているのかがよく分からなかったせいもあります。
参考にした写真が、やや不鮮明だったこともありますが。


別の花の写真を参考にして、別紙にもう一つ花を書いてみました。
丸い形のこの方がいいと思えるので、切り抜いて上に貼ることにしました。

写真の左側が改めて描いて、採用することにした方です。
KIMG2494.JPG

三つの中では一番よく描けた気がします。
そうなると、先に描いた二つを手直ししたくなる。
結局直すことにしました。

下が手直し後の花。
KIMG2499.JPG

花はこれでいいと思えるので、ようやく葉に手を付け始めました。
花は撮影した写真を完全に写していましたが、葉っぱは写真のとおりに描くと
どうも花や周囲と比率が合わないのです。
写真を見る限りは、おかしくないのですが絵に描いたら絶対おかしい。

左側の葉っぱは、写真より大きくすることにしました。
そうなると枝数を減らす必要もある。

一枚の絵に仕上げるために、写真のとおりではなくあちこちを修正していきます。
左側はあたりを付けたところで、今日は終了。

posted by みどり at 20:14| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。