2017年01月28日

橘寺と芙蓉を描く その4 下図 建物と芙蓉は別々に

img20170127_164406.jpgimg20170127_164058.jpg
下図を描いてます。

描くのは日本画教室へ着たときだけなので、自分でももどかしいくらいなかなか先に進みません。

先週に引き続いて、建物を描いてましたが、自分でとった写真やネット上で公開されてる写真を見ながら描いていても、どうも寺の立体的な姿がよくわからないでいました。

それが今日はようやく頭の中に、立体的な形が浮かんで来ました。
芙蓉の葉の間の、僅かに見えるものから、寺の形が見えて来ました。

これは「やった!やっと見えた!」と思いました。
見えれば描くのも楽になるはず。

建物はもう、だいたい言いように思えてきたので芙蓉の葉と花に取りかかることにしました。

建物の絵の上から描いたらゴチャゴチャになるに決まってるので、紙を分けて描くことにしました。

最後にトレーシングペーパーで写してから、建物と芙蓉を重ねて和紙へ転写するつもりです。

建物を背景に撮った写真の芙蓉の花は大きすぎる(これがカメラの嘘)ので、少し小さく描くつもり。
花もあと3、4個は増やします。

先生のアドバイスで花の向きも修正。

あまり進まなかったけど、今日はこのまで。
posted by みどり at 03:06| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。