2016年12月16日

つゆくさを描く・その4 銀箔を散らす。完成。



12月16日(金) 日本画教室へ。
今日は午前と午後の2教室を続けて受講してますが、来週からグループ展が始まるので
最後の仕上げ(完成)を目指しました。

下の画像が、前回までの。
絵のバックは当初考えていたより暗くしました。
数種類の岩絵の具を混ぜてグレーにしてます。

1481878226794.jpg


グレーを塗るより先に、バックに明るい色を置いてますがその上から塗ったことで
色に深みが出てくるようです。

今回はバックをまた数回塗ってから、それまでほとんど手をつけてなかった雄しべを
描きこみました。

バックは、当初は胡粉か岩白の絵の具を使って、絵の具をかけ流すか、霧の
ように吹き付けるか、と考えてましたが、銀箔を散らすことにしました。
これは石の間に生えている、つゆくさを観ていたので石のイメージが元になっています。

銀箔を筒のような道具を使って絵の上に散らします。
こんなことをしたのは私は初めて。

その前に画面には散らしたい部分ににかわを溶いた水を塗っています。
散らしてから紙で上からそっと押さえる。
見た目、押さえる前よりも銀箔の大きさが大きくなりました。
立体が平面に潰されましたからね。

その後でさらに銀箔を散らしたい部分に、お皿に置いてあった銀箔の粉を塗らした
筆でとって、画面に置いていきました。
もちろんこのときも、画面ににかわ水を、塗ってます。

これを繰り返すこと数回。

今回、絵が小さいので落款ではなくサインを入れました。
写真では小さくて見づらいですが、絵の右下に「み」と入れました。
完成です!

額は買いに行ってる時間が無くてじつは、同じ教室の方からお借りしました。



1481878338213.jpg




1481878372203.jpg

posted by みどり at 18:15| Comment(0) | つゆくさを描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。