2016年11月20日

つゆくさを描く・その2 下地作り


前回、和紙をパネルに貼ったので今回はスケッチブックに描いた絵を、
トレーシングペーパーに写し取り、更にカーボン紙を使って和紙に転写。
写真は転写しおわったところ。

DSC00202.jpg


この後は、墨ぼかしをすることもあるのですが今回は水干(すいひ)で色ぼかし。

KIMG1572.JPG


やり始めてみると、ちょっと困ったことに気がつきました。
紙の数カ所にぽつぽつとシミのようなものができるのです。


KIMG1573.JPG


じつは今回、新しい雲肌麻紙を買ってきたのに教室へ行くとき
持って行くのを忘れてしまい、たまたま手持ちのスケッチブックに
挟んでいた数年前の和紙をパネルに貼って使うことにしたのです。

紙をぬらしたり、色を塗ったときできたシミは「紙が泣く」と呼ばれています。

早い話、紙が劣化して紙の繊維に隙間ができた現象で、シミに見えるのは
他の部分より隙間があるため水分を余計に通しているから。

このまま色を塗っていいものか、それともやり直すか。
塗り続けていけば、案外目立たないかも?



色ぼかしは、色を塗っていくのめやすのようなものなので、簡単に。
それでいて、前後の空気感を出したい。

この後、膠でねった胡粉をごくごく薄く溶いて画面全体に塗ります。
数回で終わらす方もいますが、今回私は15回ほど塗り重ねました。

DSC00205.jpg



小さい絵ですが、ていねいに描いていきたい。
この後、本格的な彩色に入ります。








posted by みどり at 18:22| Comment(0) | つゆくさを描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。