2017年03月24日

橘寺と芙蓉を描く その12 和紙をパネルに貼る

別に別に描いていた、寺と芙蓉の花の下図。

ようやくそれぞれ、トレーシングペーパーで写しとりました。
下の写真は、二枚を重ねたところです。

fuyou05.jpg


パネルに和紙(雲肌麻紙 くもはだまし)を水貼りしました。
紙の用意ができると、いよいよ描きはじめられるので、ワクワクしてきます。

DSC01214.JPG


fuyou04.jpg


建物と、花の位置を少し修整するつもり。
下の写真では既に、トレーシングペーパーを切って花の位置を直しています。

fuyou06.jpg


今日はここまで。
posted by みどり at 15:11| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

橘寺と芙蓉を描く その11 トレーシングペーパーで写す


下図がほぼ完成したので、ようやくトレーシングペーパーで写す事にしました。
この後で、パネルに張った和紙の上に置いて、間にカーボン紙を挟んで下図を転写します。

トレーシングペーパーで、下図を写しとるのは鉛筆で。
線をなぞっていくけど、最初に描いた質感も写しとりたい。

写し取ってるときに、下図の気になった部分も描き直ししました。
花を写しとるだけで4時間近くかかってしまった。

fuyou01.jpg


最初に描いた寺の建物の下図の上に置いてみました。

fuyou02.jpg


fuyou03.jpg





寺の下図も、もちろんこれからトレーシングペーパーで写します。

最終的にこの2つを合体させます。
やっとここまで来た(^_^;

今日はここまで。
posted by みどり at 23:05| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

橘寺と芙蓉を描く その10 下図・葉が完成間近

1489124795560.jpg
一番左側の葉っぱの大きさをどうするか悩んでました。

当初描いたのは周囲の花に比べて小さすぎる。
描いては消して少し大きく描く、まだ気になるので更に大きく描く。

これを繰り返すこと数回。
いっぺんにできないのが悲しい。

ようやく、これならと思える大きさになってきました。

周囲の蕾の大きさも調整する。

ようやく納得できる大きさ、形になってきました。
参考にしてる写真とはかなり見えかたが違っていますが、絵に描く場合はこの方が自然に見えるはずです。
写真は葉っぱの遠近感が、かなり極端に写っていますので。



次回はいよいよ、先に描いた寺の建物の下図と、花の下図を合体させましょう。

来週はパネルにやっと和紙を水張りすることにします。
posted by みどり at 14:51| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

橘寺と芙蓉を描く その9 下図・芙蓉の葉を描く

1488546897073.jpg
芙蓉の花、3つは前回までで完成した、と感じているので今日は葉を描いて完成を目指しました。


既に何度も書いてますが、写真は参考にしてるけど、あくまでも参考。
写真に写ってるままに描くと、花と葉のバランスがおかしい。


自分で分かってなかったけど、私が使ってるデジカメのレンズが広角レンズなので、遠近感が強調されて写ってしまうのだそうです。

それを修正しながら描いていきます。


今日は、葉っぱを描いては、先生にダメだしされて何回も描き直し。
「それダメ」とは言わないけど「それだと小さすぎるね」「葉の向きを変えたら」とか。

何枚かとった写真のはっぱの中から、目的に合いそうな葉を探しだして描いてます。


つまり、描きたい風景があるけどその風景をそのまま描くのではなく、それぞれのパーツはあちこちからいいとこ取りをして、寄せ集めてるわけですね。


自分でも今回こんなに寄せ集めになるとは思いませんでした。
花と葉は、ほぼ全てよせあつめと言っても過言でない。

画面のほぼ中央の一枝に手こずりました。
一度描いたけど、大きめに描き直し。
形も当初より、変えてます。

あと少し。
下図の段階で納得するまで、妥協したくない。
手間かかるのはもちろん嫌ですが、良いものを描きたい。

今日はパネルに和紙を水張りしたかったのですが、やってる時間がありませんでした。
posted by みどり at 22:16| Comment(0) | 橘寺と芙蓉を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする