2015年03月21日

瀬戸内の海と空 その1・スケッチ&和紙のパネル張り

2月に1日だけ旅した瀬戸内。
千葉県民の私ですが、東京駅前から夜行高速バスに乗って四国の高松に行ってきました。
高松港から大型フェリーに乗って、アートの島、直島へ。

普段、海を見ない生活をしているので広々とした海と空をみると
気持ちがすーっとします。

瀬戸内の海 写真

デジカメとスマホから撮った写真をもとに、絵を描いてみようと思いました。

当初はf8の小さなサイズで描きました。
瀬戸内の海 F8


でも大きな絵にしたくなってきた。
結局、約倍の大きさP20号に描き直す。
P20号


P20号のパネルを用意。
こんな風に木を組んでがっちり作ってある、パネルは今では珍しいんだそうです。
P20号パネル 2015年3月


和紙を用意して貼りました。
もちろんいったん裏側から刷毛で水を含ませてからはる「水張り」です。
DSC03160.JPG


DSC03162.JPG



posted by みどり at 22:52| Comment(0) | 瀬戸内の海と空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の水彩スケッチ

絹に柿とカリンを描き上げた後、息抜きのつもりで水彩スケッチを描きました。

日本画教室はスーパーの3階にあり、1階に花屋が入っている。
この日は、たまたま目についた花を買って鉛筆スケッチをし、
透明水彩絵の具で彩色しました。
せっかく描いたので、ブログに記録として載せておきます。

KIMG1832.JPG


名前を忘れましたが、ピンクの花がきれい。

花束のような花。
スケッチとはいえ、先生からは全体のバランスを観て描くように、と言われました。
つまり場合によっては、観たとおりでは無く、葉や花がない
部分に書き込むこともあり、ということ。
嘘を描くということではなく、こうすることが絵画だということ。
と、いうこと・・・でしょうか。

DSC02949.JPG


じっくり描きこむ日本画もいいけれど、さらっと数時間で描き上げるスケッチもよいものです。
posted by みどり at 22:22| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

絹に柿とカリンを描く6 完成&裏打ちとパネル張り

絹に描いていた柿とカリン、2月6日(金)に日本画教室へ行って最後の仕上げを施し完成としました!

柿とカリン 2015年2月6日完成


先生の知り合いの方にお願いして、裏打ちをしていただきました。
木枠から絵絹を外し、裏に和紙を貼ってもらうのです。
最終的に額装するつもりなので、パネル張りまでしていただきました。

柿とカリン 2015年3月6日 裏打ちパネル張り


こうやってみると、絵がとても引き締まって見えます。
我ながらいい絵だなあ。
自画自賛!(^◇^;)

落款を押すのと、額装はまた後日にしようと思います。
posted by みどり at 16:57| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする