2015年02月05日

絹に柿とカリンを描く5 ようやく柿っぽく、カリンぽく


ブログにアップする写真は、デジカメで撮ってからパソコンでサイズを
小さくする作業をしていました。
大きいままでブログにアップすると、画面表示そのものが大きい。
また、ブログ使用データ容量が決まっているためこれでは大きすぎるのです。

最近になってからこのSeesaaブログは、ブログに画像をアップする際に自動的に
サイズ変更ができるようになりました。

その機能を使っての最初のブログ更新になります。


kakikari11



kakikari12


実の部分と、カリンの葉っぱにだけ、絵絹の裏側から胡粉をぬる裏胡粉を施しました。


kakikari10.jpg



柿とカリン、そして葉っぱに色を塗っていますが、ようやく柿は柿っぽく、
カリンもようやく立体感が出てきた気がします。

そして葉っぱ。
柿の葉っぱの裏葉になる部分だけ、薄い水色系の岩絵の具を使いました。
正確には、左側の柿のへたと、二枚の葉っぱの一部に塗りました。

kakikari13


写真ではわかりにくいですが、実物は自分で思っていたより水色が強く出ました。
でも、悪い感じでは無く、いい感じがします。
先生から以前の私(みどり)だったら、きっといやがるだろう、という意味の事を言われました。
なんか、そう思います。

柿は、もういいような気がします。
これ以上はもういじらない方がいいかと。

カリンももういいような気もしますが、このままではちょっと手抜きにも見える。
もうちょっと重ねていこうと思います。


posted by みどり at 00:00| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする