2014年11月28日

絹に柿とカリンを描く2 下書きを透き写し、下地作り


ブログ更新、また日が開いてしまいましたが日本画教室へは休むことなく、毎週行っています。

柿のスケッチの中に、カリンをどう配置しようかと悩んでいましたが、下の図のように
決めました。
この写真は、下図の上に絵絹を置いて上から筆と墨で透き写しを終わったところです。

絹に柿とカリンを描く 墨で透き写し後


後から気がつきましたが、筆の線はもっと細くした方がよかったと思いました。
太いとこの上から色を塗っていくので、黒い墨線が邪魔になってくるはずだからです。


柿の実、カリンの実、葉っぱに水干と胡粉を混ぜて塗っています。
墨でぼかしも。

柿とカリン 下塗り



柿とカリン 葉っぱの下塗り、墨ぼかし



その後、練っておいた胡粉を薄く溶いて画面全体に塗っていきます。
このときの胡粉の濃度をどうするかが問題。
先生のアドバイスでは指で触ってみたときに、指紋に残る白の液の具合で
牛乳くらいの感じ・・・という事でした。
私にとってはかなり薄く感じますが、この後この液を数回塗り重ねます。

刷毛を上からだんだんと下へ、左から右に横に、動かしますが、どうしても横縞ができてしまう。
うまい人は、これが出ないんだとか。
上から下に少しだけ重なるようにして塗って、真ん中の縞が消えるように
その上からまた刷毛を横に動かす。

乾いて縞ができてたら、後々色を塗り重ねていく過程でこれが邪魔になるので
消す作業をします。

刷毛に胡粉を含ませたらよくしごいてから使用。
縦に刷毛を動かし、縞を消すようにして更に筆を横になでるようにしてつまりは
重なった絵の具をのばすようにする・・・。

言葉で説明は難しいです。
一面に左から右へ塗って、縞をなぞって消して。
結局、胡粉を全体に5,6回塗ったところで縞も消え、一様に塗れたのでこれで
下塗りがほぼ完成。


絹に柿とカリンを描く  胡粉を5,6回塗った後


次回は、背景色を塗っていくつもりです。
posted by みどり at 16:17| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

絹に柿とカリンを描く1 絵絹を張る。



久しぶりに絵絹に絵を描くことにしましたが、絵絹の張り方や
処理の方法をすっかり忘れていました。

自分で自分のブログを見ながら絵絹を張りました。

念のため、張り方の手順を書き留めておこうと思います。

画材店で買ってきた絵絹はお店の方が丸めている。
通常、丸めている内側が表面。

2014年11月7日 絵絹を張る1



この絵絹を木枠に張るのだけれど、前回使用したときの絹の切れ端と
ノリが残っているので、これをきれいにします。
先生曰く、あまり神経質にきれいにしなくても大丈夫、と。
何度も使用した木枠はノリが吸い込まれているから、これがいいのだそうです。
新しい木枠はノリをどんどん吸い込んでしまうとか。

で、とりあえず私は木枠をきれいにしました。
木枠に絵絹を張る前に位置確認。


それから木枠の表面にノリをたっぷり目に塗る。

ノリは100円ショップで買ってきたチューブ入りのデンプンノリ。

上から張っていって、木枠と絵絹の間の空気を抜くようにして貼り付ける。
瓶を使ってゴシゴシこすって、貼り付けるかたもいるそうだ。

四方を張り終えたら、乾くまで待つ。

その間にドーサを作る。
ミョウバン数粒を砕いて、お湯に溶かし、膠をいれる。
この膠の濃さにいつも迷います。



木枠に絵絹を張り終えたら今度は絹の油抜き。
刷毛で絹の鏡面をなぞります。
50℃くらい(熱めのお風呂)のお湯を刷毛に含ませて絹の表面を左から
右へなぞる。
これを上から下に向かって順番に。
均一に絹の表面をなぞれと言うことで、こうすることで絹に含まれていた余分
な油分が抜けるのだそうです。
表と裏も。

これを終えたらしっかり乾かす。
本当は自然乾燥が一番なのですが、時間もないので今回は少し乾いてから遠目の冷風でドライヤーを使いました。


乾いたら次はドーサ引き。
これをしておかないと、絵の具を塗ってもにじんでしまう。

木枠に張った絹の裏側から刷毛を左から右へなぞる。
これを上から下に向かって順番に。
乾いたらまた同じ事を。三回繰り返す。
私は均一に塗りたいので、途中上下を入れ替えて塗りました。

今度は表側を同じようにドーサ引き。
こちらも3回。

ようやく完成しました。

2014年11月7日 絵絹を張る2


この日は、絵絹が乾くまでの間に、いただいたカリンの色と形がとてもよいのでスケッチをしてみました。
香りもよい。

カリンの実



2014年11月7日 カリンのスケッチ


絵絹には柿を描くつもりですが、このカリンも入れられないかなと考えています。

posted by みどり at 01:23| Comment(0) | 絹に柿とカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする