2013年04月06日

六甲山の風景から8・水干で雰囲気作り

日本画教室に前回行ったときは、水干でここまで描いていました。
六甲山の風景から 水干で雰囲気づくり1


方解末を塗っているので、表面がざらついています。
方解末、どうやってぬったか忘れてしまいました。
木の幹は先生のアドバイスで、筆でかすれるような感じで描いています。



昨日4月5日(金)に行ったときは水干でここまで。

六甲山の風景から 水干で雰囲気づくり2

手前の道の部分は金茶の水干をつかい、筆の穂先で叩くような感じ。
まだなんだか雰囲気づくり。
次回から岩絵の具を使って描いていこうと思います。

posted by みどり at 23:56| Comment(3) | 六甲山の風景から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする