2012年10月24日

絹にボタンを描く・その12 ようやく完成



ブログ更新が遅くなりましたが、牡丹の花、完成しました。

葉っぱがなかなか進まなくて、先生の墨の黒でタッチを入れてくれて
さらに私も他の葉に墨をいれる。

先生いわく、墨は便利でうっかりするとそれだけで成立してしまうんだよね、と。
墨で描くとそれだけで、とても良い感じになります。
だから水墨画が成り立つのか。


最後にやっと右の花の真ん中にめしべを描きました。
胡粉の白を、ぽってりと乗せる感じで置く。
乾いてから黄色の絵の具を載せました。

花の真ん中当たりに赤を少し塗ってほぼ完成。

絵絹に牡丹 2012年10月


右の花の下に開いた花びら部分が、総べて同じ感じなので塗ってある
胡粉の白を指でこすって少し落とす。
指の指紋がヤスリ代わりになるんだ、とはもちろん先生のアドバイスです。

ようやく完成。
いつも御願いしている「ますよし画材店」に持ち込む。
木枠にはった絵絹のままでは額装が出来ないので、画材店経由で表具屋さんに
裏打ちを頼みました。
木枠から外して、絹の裏に和紙を張ってもらうのです。
もちろん自分でやる方もいますが、私は怖くてとても出来ないのです。


やっと展示できる形になりました。
絵絹に牡丹 完成


そしてようやく、今年も昨日、10月23日より合同展「ひぐらしの会」がはじまりました。
同じ先生が指導してくださっている三つの教室の合同展です。

「ひぐらしの会」の名前の由来は、教室のある場所の地名「松戸市日暮(まつどしひぐらし)」
から来ています。

このブログでもご紹介した2点「薔薇」「黒部室堂にて」、最新作の「牡丹」の合計3点出品しています。


「第4回 ひぐらしの会 日本画展」@伊勢丹松戸店内 新館9階 アートスポットまつど
10月23日(火)〜10月28日(日)まで  10時〜18時まで (最終日のみ16時で終了)
posted by みどり at 23:12| Comment(3) | 絹にボタンを描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする