2012年05月28日

黒部・室堂を描く その12・市展へ出品

室堂を描いた作品は、今年の市展にだすことにしました。
搬入日は6月9日。
出すためには額装しなければいけないので、先日いつも行く
ますよし画材店さんに絵を持っていって、どんな額にするか相談
してきました。

しかし、絵にはまだ落款をおしていない。
今持っている落款はイマイチ気に入らないので、作り直すつもり。
落款を押したい、と話をしたら持って帰って押してから6月頭に
持ってきてくれればいい、と言ってもらえました。

この画材店さんと、搬入先は目とはなの先。
画材店さんのご厚意で、ありがたいことに搬入日当日まで絵を預かって
いただけることになりました。
当日は、画材店さんに行ってから絵を受けとって、搬入先に持っていけば良いだけ。

新しい落款は、石は買ってあるのでこれから彫ってつくりますf(^ー^;


posted by みどり at 23:34| Comment(0) | 黒部・室堂を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

絹にボタンを描く・その3 絵絹の下準備

木枠に張ったのは、生絹なのでこのまま墨や絵の具を塗ると
にじんでしまうので、絹の下準備が必要。

塗っては乾かす、の繰り返しなので一日仕事だった!
絹に描くのは数年ぶりなので、やり方をすっかり忘れていました。
最初にやるべきことは、絹の油分を取ること。

前回の自分のやり方を、このブログに書いておいたので、それを読み返してます。
やり方は加減がわからないので、まだまだ手探り状態です。

<油分の取り方>
お風呂だったら熱めのお湯を用意し、刷毛で絹の表面をなぞる。
幅広の筆をつかって、上から左から右へ筆を運ぶ。
さらに下に筆を移動させて、左から右へ。
これを裏と表、両方。
あまり適当にびしゃびしゃとやらない、ほうがよさそう。

この後、しっかり乾かす。
絹がピンと張ってくる。

一部、塗った糊が絹の描く側の表面にじみ出していた。
今後これがどう影響してくるか?

<ドーサ引き>
にじみを防ぐためのドーサ液。
(ドーサについてはこちらのサイトを参考にさせていただきました)

まず、ドーサ液を自分で作る。
ぬるま湯100ミリリットルに対し、自分で作った膠(にかわ)液を少し入れる。
私の少しは、よく外食でコーヒーを頼むと付いてくるプラスチックの小さな
スプーン、あれをもらってくるのを使ってるのですが、これに1杯。
さらにここにミョウバンを入れる。3,4粒。
そのまま入れるとなかなか溶けない。
暫く置いておけば溶ける。
急ぎたいなら、乳鉢で細かく砕くと良いみたい。

出来たドーサ液を刷毛に含ませて、絹の表面に、また上から塗っていく。
左から右へ。ゆっくり。
右端へいったら、刷毛を折り返さない。と、先生に言われた。

下まで塗ったら、しっかり乾かす。
またドーサを塗る。
またしっかり乾かす。
これを3回繰り返す。

今度は裏側もドーサを塗る。
上記と同じ事を3回繰り返す。

表が気になったので、さらに一回塗って、しっかり乾かす。

これで良いかな?
この後、下書きの透き写しをします。

今の絹の状態は表面がかなりピンと張って気持ちよい。

絵絹の油抜き、ドーサ引きをおえたとこ




posted by みどり at 23:54| Comment(0) | 絹にボタンを描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする