2008年07月28日

「豊洲夕景」その1 最初の一歩

豊洲夕景 パネルに水張り



7月26日(土)の午前中は日本画教室の日。
「班猫」の模写はまだ完成しません。
絹に描いているので、展示のためには表装しないとならないから8月上旬には
仕上げないと。
絹の裏側に展示出来るような強度をつけるのですが、自分では出来ないので
業者さんに頼んでやってもらいます。

次回作の為のパネルと和紙の用意が出来たので、この日はパネルに和紙を水張り。
和紙の裏表の見分けが付かなくなってる自分に焦りました。

つるっとした方が表。
裏側に水を含ませた刷毛で縦横斜めに、刷毛を動かして紙に均等に水が含まれるようにします。
紙が水をすって伸びたところで、パネルに紙を置いて四辺を水張りテープではって留める。
これが「水張り」
乾くと紙の表面がピンと伸びます。
この後で絵の具で描いていっても、紙の表面がぼこぼこにならないですみます。

水張りしたのは久し振り。きれいに貼れました。
ぱりっとした紙の表面の気持いいこと!

豊洲運河の風景を描きます。
次回作の為の水彩スケッチ(実物大の下図)がまだ完全にはできあがってない
のですが先生とのお話で、水面には銀箔を貼ろうということに決めました。
屏風みたいにきっちり貼るのではなく、散らすような感じで。
ちらつく海面の様子が表現できればいいなと思います。
なんだか楽しくなってきました。

この日は午後、好きなアーティストさんの展覧会へ向かいました。
posted by みどり at 09:19| Comment(0) | 「豊洲夕景」を描く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

「班猫」模写その8、猫の顔アップ

「班猫」模写、猫の顔のアップ


ブログの更新が一ヶ月半ぶりになってしまいました。

6月中は、グルーホームに入居している高齢の母のために急いで介護付き有料老人ホームを探して移動しなければならなくなり、そちらの作業にかかりっきりになって
いました。

「班猫」の描写は着々と進んでいます。が、写真でお見せするとほとんど変わって
いないと思います。
今回は猫の顔のアップのみ。

今回はもう一枚絵を並行して描き進めることにしまいした。
以前から描きたいと思っていた豊洲の夕景です。
今日7月12日は日本画教室のある日だったので、なんとか水彩のスケッチを
描いて持っていって先生に観ていただきたかったのですが、鉛筆のラフスケッチ
までしかできませんでした。
でもこれで大きさを何とか決めることができました。

豊洲夕景、スケッチ



P20号(約72.5x53センチ くらい)
いままで小さな絵ばかり描いていたので、こんなに大きいのは初めてです
パネルと、和紙の注文もしました。
7月中に下書きを完成させて、8月中で色塗り。
9月のグループ展があるのでそれに間に合わせたいのですが、どうなるかな。

海と空と、橋の水平線と地平線、建物、人の縦の線。
縦横の線の交差のおもしろさが描きたいと思っています。

posted by みどり at 14:33| Comment(0) | 絹に絵を描く 超初心者編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする